妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

totell 予約

これからについて

日々、コロナウィルスに関しての情報が刷新されています。

現在、totellを、お休みをされてご自宅でご自身の管理をされている皆さん

また、現在、妊活を進めているけれども上手く進んでいない事で焦りを感じ

どうすれば

と悩まれている皆さん

どの様な日々を過ごされているのかと思い描きます

 

これからのtotellの在り方を一度、整理しておく必要があると考えて今回の投稿を進めていきたいと思います。

 

1)コロナウィルスに対しての考え方

2)totellの妊活に対する方針

3)5月の再スタートに対してのチャレンジ

 

について述べていきたいと思います。

 

 

先ずは、コロナウィルスに関してですが

愛知県の公立陶生病院の感染症内科医 武藤先生が4月26日に一般公表されているコロナについてのPDFが下記になります。

https://drive.google.com/file/d/1bZ1Del13I_z1reNz0eCIkQfZFNuMXO14/view?fbclid=IwAR1nKwEHV-2aZiW8Z9g4bPrjNh7DtDI6xW9qEY50EPaiFIvjT_tryMbHWmI

とても判り易くまとめられています。

もともと、コロナウィルスは新たに、突然発生してきたものではなく、風邪の15%ほどはコロナウィルスであった事が記載されています。

また、お亡くなりになる比率も他のウィルスと比較して明らかに低い数値であり、且つ発症しても80%の方が軽快していくことも述べられています。

そして、30pあたりで述べられている言葉が印象深く残っております


個人的に不安なこと

みんなコロナしか心配していない

(略)

世の中には何百何千も病気があって、コロナなんかその100位にも入っていないのに、
そのことばっかり医者も患者も医療者も考えている。
総選挙で100位にも入っていないアイドルを寄ってたかってCD買って無理やり1位にしている


そういう視点もあるのだろうと思います。

ただ、現在は世界的にも早く、この状態を収束させていこうという行動変容が起こっております。

この事からも、活動範囲は今後もできる限り少なくしていき

感染抑制の一助を進めることには、個人でも実行して参りたいという意志は明確に持っております。

その上で、4月13日より一部の方を除いて、基本的に施術の中止を数週間進めておりました。

 

しかし妊活に於いて、時間が経過する事による生殖機能への影響は少なくはありません。

女性は出生した時点で卵子の個数は200万個と決まっており、この数は増えることはありません。

そして、月経を迎え、毎月排卵をしていくのですが、その度に1000個ほどの小さい卵(原始卵胞)が立ち上がり、1個だけが卵巣から排出し、その他の卵は淘汰されます。つまり毎月1000個の卵が200万から減数していく事になります。

加えて

その毎月の排卵の際に、卵巣に強いダメージが加わる事を、

山口大学院医学系研究科産婦人科学の田村准教授が

アンチ・エイジング医学にて報告をされています。

【田村博史:メラトニンと卵巣機能および不妊症.日本抗加齢医学会雑誌 vol.10 No.5】

LHサージとは排卵時のホルモンが高まる事です、その際には活性酵素も高まり

 

その活性酵素は、卵巣内部の成熟を促す事につながりながらも、同時に損傷を与えてくことが述べられています。

 

上記の図をみて頂くと判りますが、卵巣から卵胞が「出産」をしている様にみる事ができます。

つまり、毎月、卵巣は「お産」をしている状態とも言えます。

 

これが卵巣へのダメージ=酸化

排卵を繰り返す=卵巣へダメージが積み重なり=酸化の累積が強まり

→「卵子の質」の低下につながります。

 

上記のデータは

卵胞の中が酸化=8OHdG(酸化の度合いを示すマーカーです。X軸の右に進むにつれその濃度が高くなります)が高くなるに従い

卵子の受精率が低くなっている事が判ります。

これは、排卵を繰り返す事で酸化が重なり

年齢経過につれて

卵子への影響が高まる事を田村先生は本研究で示唆されています。

 

これに加えて

不妊治療を開始した5000組を後追い調査をした際に、自然妊娠率は時間の経過を経るにつれ低下していく事も示唆されています。

 

 

この事から「体内の時間」への関心を持ち、その対処を早期に進めていく事は妊活にとって

避けられないテーマになっています。

 

正しくコロナウィルスへの対処をしながらも、妊活サポートを進めて、皆さんの時間を停滞させないチャレンジを進めていく必要性が妊活にはあります。

 

来週より

totellの活動を正式に再開していきます

免疫について少し述べております。

着床のメカニズムと「免疫」の関係② 〜慢性子宮内膜炎について〜

 

どうぞ宜しくお願い致します。

今回の再開に至るにあたり

先日、子供が通うデイサービスに、あるラーメン屋さんよりラーメンの無償の差し入れがあり、それを自宅に持ち帰ってきておりました(そのチラシが上記です。)

そこには

「自粛で頑張っているお母さんへ、夕食のサポートです」

その様な想いが込められています。

現在、外食産業も大きな試練に向き合っている中で、この様に前向きに誰かの為になる事を自分の役割の中で

実施されているの拝見して

何かを手放して

そして

それが皆さんの貢献に繋がらないかと考えました。

皆さんに来て頂いて、結果につなげる事が、自らの役割と覚悟を決めて、今まで進んで参りましたので

その事を実行する為に

幾つかのことを、新しく実施をして参りたいと思います。

 

先ずは、

現在お越し頂いている皆さんへ

4月を休業した事にあたり、5月は繰り上げて対応をする事を各皆さんへお伝えしておりましたが、これを後1ヶ月延長して

水素ガスを6月まで無償でご提供

していきたいと思います。

お身体のケアに是非ご活用して頂ければと思います。

 

そして

これからお越し頂く皆さんへ

通常、初めてお越しになる皆さんは

体験コース(カウンセリング、整体、水素ガス、温灸)

をご経験されます。

この

体験コース3,500円→500円にて

対応をさせて頂きます。

無償にさせて頂く事も考えましたが、お越し頂く皆さんの心象を考えた場合に幾許か申受けをした方が、反対にお越しになり易いのではと考えました。

どうぞ、この機会をご活用いただいて、現在のご自身を整理する時間へと繋げて頂ければと願っております。

 

 

 

今を留めずに

正しく

不安になり

皆さんの未来へと

お手伝いができる体制を

今後ともtotellは進んで参ります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

BLOG

ご出産のご報告
2020年12月2日
体外受精前に自然妊娠のご報告!
2020年11月14日
嬉しいご報告!
2020年11月8日
妊孕力(妊娠する力)をあげて、妊娠へつなげていく為には
2020年11月4日
妊活支援セミナー
2020年10月31日