妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

炎症とビタミンB6、そして酸素の関係

皆さん、おはようございます、

今週も半ばになりました、お仕事、ご生活のパフォーマンスは如何でしょうか?

本日は6月3日にプレスリリースされた東北大学からの

「炎症」

についての非常に興味深い研究報告がなされています。
https://www.nature.com/articles/s42255-024-01053-4

同研究では
1)「低酸素状態」が長期に続くと、「炎症が悪化」することを明らかにしました。

2)多くの酵素の補酵素として働く「ビタミンB6」が、酸素感受性ビタミンとして「炎症細胞の機能を制御する」ことを明らかにしました。

低酸素→ビタミンB低下→炎症悪化

そのメカニイズムが本研究にて示唆されています。

ビタミンB6不足は、一般的な健康診断にも記載されている肝機能の指標の一つである
ALT
からみることができます。

おおよその栄養学的な目安の数値は
20
になります。

妊活を行われている皆さんにおいては
10〜15
台の推移をされている印象がございます。

そして
妊活における炎症症状の代表的な事例は
子宮内膜症
があります。

本研究の成果の一つに

慢性的な「低酸素」が炎症を悪化させる

ことが述べられていますが

酸素は、赤血球により運ばれます。

つまり

血流の上昇

が、酸素を子宮に運び、子宮内膜症の炎症状態を低減する可能性が考えられます。

つまり、

骨盤から腰椎の動きを改善し循環ルートを確保し

骨盤帯の温熱を実施していく事

は炎症対策として有効ではないかと考えられます。

現在、よもぎ蒸しをご提供させて頂いております、

今月は月経痛が少ない

その様なお声をお聞きできております。

 

 

 

BLOG

ストレスと排卵
2024年6月13日
成功率10%への関わり
2024年6月10日
11月の学会に向けて
2024年5月29日
『プレコンセプションケア』と官民でできる事
2024年5月29日
子宮内膜症と「初めて」の診断について
2024年5月27日