妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

タイミングについて

先日、38歳になられたHさんより、タイミングにて陽性反応を確認されご報告を頂きました。
今回のタイミングについて、お話しを少しお伺いした処

1)ご主人さんの期初の忙しさが少し落ち着いて
2)風邪などの体調不安定な時期がなくなった事
により
3)排卵チェッカーは反応が少なかったので、明確な排卵日は判らなかった

しかし

4)ご主人さんの身体的に余裕のある毎週末のみ毎回
タイミングをこの周期では取れた

ことをお聞き致しました。

上記のHさんのご報告から、排卵時期のみのタイミングではなく、
お二人にとって、よりよきタイミングがあるのではと
考えさせられるご報告となっています

今回のご報告を受けて、文献を少し探してみました処、興味深い内容の報告がございました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4127088/

上記の報告では

1)259名の18〜44歳までの女性を対象に

2)性行為が生殖機能と関連しているか

を調べた結果

3)性的に活動的な女性(本研究では「毎週以上〜毎週」)は、性的に不活発な女性より

エストロゲン、周期中期LH、黄体プロゲステロンが高い

ことが観察されました

また

性的に活発な女性は、性的に活動的でない女性と比較して、研究中に

散発性無排卵の可能性が低かった

事も述べられています。

上記の報告から

ご夫婦生活において

頻度を上げて行かれる事が

1)ホルモンの安定

2)排卵の遅延、無排卵を防ぐ

ことを示唆した内容になっております。

男性の精子は2日以上、禁欲をすると、運動率が低下する事も判っています。

この事は、排卵時期に限定する事なく、

お二人のよきタイミングで

お二人の存在を確かめ合うお時間を過ごす事が

結果的に

妊活に繋がることを示唆しています。

BLOG

45歳、一番の胚盤胞を獲得されました、
2024年5月20日
熱と子宮の関係
2024年5月12日
セロトニンと卵胞発育
2024年5月8日
陽性反応のご報告
2024年5月7日
妊娠の先へ
2024年5月4日