妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

解毒食材のご紹介

皆さん、こんにちは。

お盆の時期ですが如何お過ごしでしょうか?

本日は少し曇り空の為に、比較的過ごしやすい朝でした。

連休を過ごされている皆さんも多いかと思いますが

久しぶりのご家族や友人、知人との出会いによって
美味しいものを食べられて、楽しい時間を過ごされる、、

日常をリセットする事も、自律神経の安定を促す上で、とても有効と思われます。

ただ、少し気になるのが、食生活の乱れ、でしょうか

食べたものは、消化する為に、胃を通過し、小腸で吸収されて、

門脈から

「肝臓」

へ運ばれ

選別されて、血液として心臓へ送られます。

つまり、肝臓は

少し言葉を選ばずに、例えますと

下水処理場

の様な役割を担っております。

この他に、糖や、タンパク質、脂質を代謝や、脂肪の吸収に必要な胆汁の合成や分泌も行います

とても、マルチなタスクを日々、粛々と行っている器官です(笑)

イベント時には、高脂肪食が振舞われる事も多いこともあり、分解された脂肪酸が肝臓で処理される事も多くなります

その結果、中性脂肪が、排泄されずに、歩留まりを起こされている事も考えられます

その際には
血液数値ではALTが亢進します(栄養学的には20を超えている場合には少し黄色信号です)

この肝臓に、中性脂肪が貯留している時

排泄するのを促す食材があります、

その一つに

「イカ」

があります。

イカは、コラーゲンが豊富に含まれていますが、

同時に

「タウリン」

が豊富に含まれています。

「タウリン」

は肝臓内の中性脂肪を排出する役割を持っています

重金属等は、脂肪に溜まりやすい事からも

高い解毒効果があります

そして、調理方法としてお勧めなのが

カレーの香辛料として有名な

「ターメリック」で

調理していただくと

この中に含まれている

「クルクミン」

がタウリンの機能を向上させると言われています

【東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部:その調理、9割の栄養捨ててます!】

同著では、イカの白い表皮にコラーゲンが豊富に含まれているそうです、コラーゲンは血管内皮を構成する成分ですので、血流を安定させる上でも効果的です

イカを

1)皮はむかずに

2)カレー味で

調理頂いて、このお盆の時期に溜まったものを
解毒して頂ければと思います。

BLOG

ストレスと排卵
2024年6月13日
成功率10%への関わり
2024年6月10日
炎症とビタミンB6、そして酸素の関係
2024年6月6日
11月の学会に向けて
2024年5月29日
『プレコンセプションケア』と官民でできる事
2024年5月29日