妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

歯ぎしり、食物繊維、低血糖について

皆さん、おはようございます。

今週も始まりました、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

昨日は少し時間がありましたので、新しく開設されたSAGAサンライズパークに行ってみました。

8年前の開業当初、時間が十分にありましたので笑、総合グランド(当時の名称)をよく走っていたのですが、本当に様変わりしておりました、もし、当時、この様な施設だったら、走るのも楽しかったのでは、と思いを馳せることにもなりました。

トラックでは高校総体が開催されており、マイルリレーで会場は盛り上がっており、、また、心地のよいリフレッシュになりました、

筋肉を使うと、少し元気になりますね

実は

ヒトは、筋肉を使う事で、糖を作りだす事ができる機能を携えています。

通常、ご飯を食べると、そのエネルギーは2時間ほど、保てますが

それ以降は

肝臓により、糖新生が行われます。

お昼ご飯以降を食べた後は、肝臓と、そして筋肉を動かす事で、糖を作り出して
身体の活動を支えていると考えることができます、つまり、デスクワークなどをしていて
眠気が強く出ている場合は、筋肉を動かさないことから、肝機能の低下が出ている可能性が
考えられます。

それをサポートするのが、筋肉になります

動いていた方が眠くならないのは、この要素があると言えます。

実は夜間帯は、睡眠により食べることができませんので、肝臓の糖新生で睡眠時のエネルギーをコントロールしています。

それは、肝機能が低下している場合、睡眠を維持することができませんので、身体を体動させていたりします

その一つに

歯ぎしり

があると考えられます、顔面筋を動かしていく事で、糖を脳に送ろうとしているのかも知れません。

その歯軋りと、食物繊維の摂取量が相関している研究成果が最近、報告されています。

https://www.mdpi.com/2077-0383/12/7/2623

「睡眠ブラキシズムに関連する栄養素」
3298人の大学生を対象とした研究成果において、

歯ぎしり

食物繊維摂取量低下

が相関する事が報告されています。

水溶性食物繊維は腸膜のムチンを生成する事に寄与しております。

そして、低血糖なストレスは、腸内環境を異化(分解)することも判っています。

ここから考えられることは

ストレス(低血糖)

腸粘膜(ムチンなど)が異化=炎症

肝機能低下

糖新生低下(低血糖亢進)

夜間、顔面筋を動かして、筋肉より糖を生成する為に
歯ぎしり

とした場合に

水溶性食物繊維を摂取していない事で、より腸粘膜の異化を止める事ができなくなり

歯ぎしり

が表出している

と考える事ができます。

このカスケードを起点に考えれば、大基のストレスを低下させることが必要ですが
社会的立場がある場合、それを簡単に無くす事は難しい事が予測されます。

この際に
下方修正から、取り組んでいく事で功を成す場合がございます。

1)血糖コントロール
2)腸内環境のサポート

それらを、先ずは進めてみられることを検討されてもと思います。

・夜間帯に歯ぎしり
・体動が多い
・睡眠が浅い

などある場合はご参考頂ければ幸いです。

BLOG

45歳、一番の胚盤胞を獲得されました、
2024年5月20日
熱と子宮の関係
2024年5月12日
セロトニンと卵胞発育
2024年5月8日
陽性反応のご報告
2024年5月7日
妊娠の先へ
2024年5月4日