妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

totell 予約

血液データからみるホルモン値

本日お越し頂いたKさんより

生理後4日目の血液データを頂きました。

 

通常、ホルモン値を計測する場合には、生理後2〜4日目に血液データを病院で採取されます。

この際に

FSH

LH

E2

P4

を主に計測されます。この時期に応じて、ホルモン数値が適切な範囲があります。

1)FSHは卵を卵巣に育てなさい!という指令を出しているホルモンです。

このホルモン値が生理后すぐに高い(10を超えている)場合は、卵巣に卵が育っていない事が考えられます。

生理後はFSHは10を下回っている必要性があります。

2)LHは、排卵を促すホルモンになります。これは生理後すぐには排卵をさせる事は適切ではないですので、LHはFSHよりも低くないといけません。

3)E2(エストロゲン)です。この数字は卵が育っている時に上昇していきますので、これは出来れば大きい方が有効です。

 

本日頂いたKさんのホルモン値ですが、非常に理想的な数値です。

1)FSH  6.1 (10を下回ってあります)

2)LH    3.8 (FSHよりも低い数値

3)E2    41.6

 

それに加えて、抗ミューラー管ホルモン、これは AMHと言われているものですが、2.83と標準値を超えられてあります。

 

非常に理想的な、生理後のホルモン値です。

ただ、Kさんは最初の血液データは非常に厳しいものでした。

栄養学的に肝臓の作用が低下している状態で、その作用でタンパク質やコレステロールも低い状態、鉄の不足もみられてありました。

AST/ALTの差から炎症が高いことから、腸内環境の低下も同時に考えられました。

約2ヶ月前のデータです。

ここから、整体、必要な栄養のサプリメントをとって頂きました。

地道にしっかりと積み上げて頂いたのではと思います。

 

今後も血液データを参照しながら、適切な提案と整体・栄養を含めたサポートを行なって参りたいと思います。

 

 

 

 

BLOG

第64回 日本生殖医学会学術講演会に参加して参りました
2019年11月9日
内膜症と着床について
2019年11月6日
可愛い訪問者
2019年11月4日
大学病院 特別講座「自然免疫と炎症」受講して参りました
2019年11月1日
卵管閉塞の変化!体外受精から自然妊娠へ
2019年10月31日