妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

マグネシウムと胚分割

本日は、
マグネシウムと胚分割
についての研究報告のご紹介です

https://www.fertstert.org/article/S0015-0282(04)02059-X/fulltext

1)体外受精の治療を受けている。25歳〜35歳の25名、150個の受精卵に対して

2)培養時のマグネシウムイオン濃度を
① 1mmol/l(グループa)
② 2mmol/l (グループb)に設定し

3)24時間後に分裂された細胞数を観察

4)結果
グループ b が優位に細胞数の増加が認められた

と報告されています。

培養時にマグネシウム濃度が高い方が細胞分裂が増加=胚の割球の増加=胚盤胞への成長
も考えられます。

今回は培養液内での観察ですが、3日胚を移植する場合、子宮内のマグネシウム濃度が高い事が有効と
言えます。

マグネシウムは、ミトコンドリアがエネルギー(ATP)を生成する際には必要とされていますが

実は、ホルモンを細胞内へ届ける役割も関わっています。

ホルモン

↓そのままでは細胞膜があり情報を送れない

卵巣

この事から、情報を転換する酵素が必要になってきます。

転換する為には「環状AMP」という情報伝達物質が必要になってきます

エストロゲン

環状AMP

卵巣

この環状AMPはATPから変換されます

エストロゲン

環状 AMP←ATP(エネルギーの基)

卵巣

上記のATPを環状ATPに変換する為にまた、「アデニル酸シクラーゼ」という酵素が必要になってきます

エストロゲン

環状 AMP←←←ATP(エネルギーの基)
↓         ↑
↓  「アデニル酸シクラーゼ(酵素)」

卵巣

この酵素( アデニル酸シクラーゼ  )を活性化する補酵素として

マグネシウム

が必要になってきます、

マグネシウムは

卵割の促進と、ホルモンの伝達において、大切なミネラルと言えます。

そして

マグネシウムは、小腸で吸収されます。

小腸の内皮が安定していない場合は、マグネシウムの吸収が阻害されることが考えられます。

ファスティングによる、変化の機序の一因は、ミネラルの吸収の変化にあるのかも知れません、

BLOG

ストレスと排卵
2024年6月13日
成功率10%への関わり
2024年6月10日
炎症とビタミンB6、そして酸素の関係
2024年6月6日
11月の学会に向けて
2024年5月29日
『プレコンセプションケア』と官民でできる事
2024年5月29日