妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

人工授精キャンセルから、自然妊娠へ

久留米市在住 H さんより

アンケートを頂きました.

 

 

人工授精がキャンセルになられて、その周期で自然妊娠へ繋がられています。

 

 

こちらへ来られた当初は、多嚢胞性卵胞症候群の既往を持たれてあり

 

生理周期が永く、日中も疲れ易い

 

そんな日々を過ごされてありました。

 

徐々に周期も整われて、人工授精もチャレンジされましたが

 

中々、結果に繋がらない苦しい時間をまた過ごされて

 

ただ、妊活として取り組むべき事は進めていかれました。

 

しかし、

ご主人さんの精子量が足りずに、人工授精がキャンセルになった周期で

 

自然妊娠

 

へ至られてあります。

 


1)当院にお越しになる前の病院などの医療機関・治療院の結果は如何でしたか?

・コスタリカの婦人科2件→高い薬の治療薬か、体外受精のみ進められる

・日本の久留米大学:PCOSは少しずつ症状は良くなる、薬と人工授精

          精子の数も少なく人工授精中、顕微受精を進められる

・精子の検査:リプロクリニック:肝臓の数値を指摘される

 

2)当施設に来られて、症状やお悩みはどの様に変化しましたか?

心の悩みも分かってもらえ、ポジティブな考え方も伝えてくれる。他の方の話を通し、

自分だけじゃない事も勇気づけられる。

生理不順が大きく変化して、血液の状態と生理痛は通常時になっていった。

 

3)それによってお気持ちはどのように変化されましたか?

悩み苦しんで涙する事はなくなった。

totellがあると思うだけで大丈夫と思え安心感になっていた

 

4)等施設の病院や他治療院と違うところはありますか?

知識量と、明確さが違う。 成果も

 

5)何でも結構です、今のお気持ちをお聞かせ下さい。

本当に良かったと思う。通わなくなると体の心配になる

子どもを授かれたと同時に不安は、元気な子か、問題、障害なく

産まれるかは不安もある。ので、通っている。

 


本当におめでとうございます。

 

あの涙された日々は、Hさんのこれからに繋がり

 

また、循環されていくと思います。

 

どうぞ引き続き宜しくお願いします!

BLOG

明けましておめでとうございます。
2023年1月1日
大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日
「第67回 日本生殖医学会・学術大会」へ参加
2022年11月5日