妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

大阪大学 玉井先生のコラムより

先日、久留米大学にて聴講させて頂いた
大阪大学の玉井 克人先生、
ご自身が20年の歳月をかけて
難治性疾患「表皮水泡症」に、人生を注がれた経緯がコラムに綴ってあります
患者さんを「親友」と呼ばれる
その感性に、自身を重ね合わせて考えます。

臨床から基礎医学へ
そして、最期に、人へ
綴られている言葉
に、また心が掴まれています

聴講時の言葉のトーンや選択されていた言葉がオーバーラップされて、意味と価値が重付けされます

「スキンシップ遺伝子」を解明したい
と綴れてあります。
先日、妊活からご出産されて、産後の整体に来られた際に
泣いていたお子さんを、お母さんにお渡しし
お子さんを抱かれた直ぐに、泣き止まれて、安眠された事がありました。

肌が触れ合う事で、お子さんは情動が安定し、健やかな成長を遂げられる
これはオキシトシンという肌の接触が「安寧」の効果を出す事は科学的に立証されています。
(過去記事です、ご参照下さい)

お母さんとお子さんの、触れ合う時間
これを、産後に当たり前に、

無理なくできる身体をつくる事
これが、妊活の役割と考えています。

妊活は、子育ての「0期」
それらを思い、願いながら

ご家族が幸せに健やかに日々を過ごしていかれる事
思い描きながら「妊活サポート」を続けてきたことを

今回の玉井先生のコラムで、また、思い起こす事となっています。
皆さんの健やかな日々を、また本日もサポートを進めて参ります。

 

BLOG

人工授精キャンセルから、自然妊娠へ
2022年12月8日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日
「第67回 日本生殖医学会・学術大会」へ参加
2022年11月5日
【過去最高のグレードの良い胚盤胞を獲得】
2022年10月28日