妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

初期胚と胚盤胞への考え方

不妊治療を検討されている場合に

 

採卵から受精後、移植にあたり

 

胚盤胞が良いのか、初期胚がよいのかを

 

悩まれていることをお聞きします。

 

それは、胚盤胞まで成長するのか、どうかを懸念されての事と考えます。

 

それに関して、下記のレポートが参考になるかと思われます。

イスラエルからの研究になります.

 

https://rbej.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12958-022-00925-2

 

上記のレポートは

1)初期胚(3日目)

2)胚盤胞(5日目)

それぞれの時期に、染色体に問題があるかどうかを検査した結果

染色体に問題がない(正常胚)比率は

1)初期胚 63%

2)胚盤胞 58%

と統計的、差がないことが示唆されています。

これは

It should be emphasized, that culturing cleavage-embryos to the blastocyst-stage is a selection measure, not treatment.

〜初期胚を胚盤胞段階まで培養することは「選択手段」であり、「治療」ではないことを強調〜

 

つまり、初期胚でも、染色体の「正常さ」には差がなく、着床し、胎児となる可能性が高いと考えられます。

 

ただ、初期胚、胚盤胞であっても、染色体を安定させることを考えるのは大切なポイントではないかと言えます。

 

その際に「メチレーション回路」がヒントになるではと思います。

 

この回路を栄養等で回していく事で,染色体を構成する「核酸」を生成する事に繋がります。

回路を進めていく事で、DNAの素材を生成する事へ繋がります。

BLOG

明けましておめでとうございます。
2023年1月1日
人工授精キャンセルから、自然妊娠へ
2022年12月8日
大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日