妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

FSHの変化

卵子が成熟していく上で

脳の「下垂体」から出る FSH
卵巣から出る     E2

そのやり取りにて、卵胞は大きくなり、卵子が成熟していきます。

通常、FSHは、生理後数日内では、10以下がよいとされています。
それ以上の場合、脳からの指令が過剰に出ているのは、卵胞が育っていないから
と判断されます

7月6日にクリニックに受診された際には

FSH 102.3
E2     4

と卵胞の反応がない数値を掲示されています。

同時にAMHも計測されてあります。

0.01以下

そして、本日
8月2日、約1ヶ月後に

FSH が  11.0

E2   206

と卵胞の成長を示す数値が飛躍的に高くなり、エコー診断の結果
卵胞が1個成長しており、土曜日に採卵へ進まれる事になられています。

 

1ヶ月の期間において取り組んで頂いたことを、また、皆さんと共有していければと思います。

 

 

BLOG

大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日
「第67回 日本生殖医学会・学術大会」へ参加
2022年11月5日
【過去最高のグレードの良い胚盤胞を獲得】
2022年10月28日