妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

東京 渋谷にて対談

先月中旬のことになりますが、東京にある「アキュラ鍼灸院」へ見学へ行って参りました。

院長の徐先生は2019年の日本生殖医学会にてドクターと共に
シンポジウムに登壇された鍼灸師でもあり、その懇親会にて
お話をさせて頂いたことから、今回の見学へと繋がりました。

診療中も同席させて頂き、鍼による卵巣周囲への刺激を拝見して
卵巣への刺激・血流量をどう確保していくのかを
ディスカッションさせて頂きました。

前述の同学会にて、国際医療福祉大学の河村先生とお話をさせて頂いた際に、小さな卵胞が立ち上がっていくには、卵巣奥に眠っている卵胞へ「圧刺激」が必要ともお聞きしています。

当サロンでの柔らかいタッチに関しては
以前、臨床検査技師の先生にご依頼して、血流速度の整体前後の変化を計測した事があります。

 

 


結果、血流速度が変化したデータを得る事にもなりました。

全ての皆さんへ適応という事ではないと思われますが、参考資料になると考えております。

当サロンでの複数のAMH(卵巣年齢)の変化や、それからの妊娠報告の実例からも

柔らかいタッチによる卵巣への刺激は有益な刺激として、今後も、皆さんと共有していければと考えております。

BLOG

明けましておめでとうございます。
2023年1月1日
人工授精キャンセルから、自然妊娠へ
2022年12月8日
大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日