妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

初めての胚盤胞へ


おはようございます

2個採れた卵のうち、凍結に向かず培養を続けていた1個が胚盤胞まで行き凍結されていました。

胚盤胞まで育ったのは初めてなので良かったです!

また、分割胚で凍結している方も胚盤胞まで行く確率が80%と出ているそうです。

 


 

今回、初めての胚盤胞まで到達されてあります。

卵巣年齢が0.05と指摘をされて、胚盤胞までいかず、新鮮胚のみの移植をしたけれども結果に繋がらないとの事から、昨年の5月に体験整体受けられて本コースへ進まれました。

一度、来られた直後に体外受精をチャレンジされていますが結果にはお繋ぎする事ができず
その後、お話をさせて頂く中で、病院でも子宮筋の厚さをご指摘を受けられて
その治療を行う間、

totellで身体を整えていく事を決意されました。
その時の、決意された言葉を印象深く振り返る事ができます。

それから、現在まで
週に2回、欠かさずに整体にお越しになられて
栄養(ファスティングを含)、運動、セルフケア
も丁寧に取り組まれてこられました、

それらの成果が血液データでも現れてあります。

2021.4.24 2022.2.24
AST 16 20
ALT 12 17
中性脂肪 32 44
尿素窒素 11.5 12.4
尿酸 4.4

 

1月計測の血液データにてタンパク質が低い点を、修正(6.9→7.4)も実施されました。

妊活は未来が不透明であるが為に、とても難しい選択を選ばなければいけない時があります。そして、単純に比例曲線を描いては行かないものとも経験則的に実感をしております。

ただ、繰り返しのルーティン(作業)に、解決の糸口があると考えております。

そして、永く時間を掛けて培われた体験は、ご自身と生まれてくるお子さんにご家庭の文化として受け継がれていく事になると思います、

引き続き、よき成果へお繋ぎできいる様にサポートを進めて参ります、

BLOG

大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日
「第67回 日本生殖医学会・学術大会」へ参加
2022年11月5日
【過去最高のグレードの良い胚盤胞を獲得】
2022年10月28日