妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

腸膜の厚さ

最近、採用させて頂いている「乳酸菌」について

腸内環境の改善が「着床」を促す事が言われています

(下記ご参照下さい)

https://totell2017.com/blog/5348.html

 

上記の図は、佐賀大学で行われた動物研究によって出された

採用している乳酸菌を摂取した後の「小腸粘膜上皮の厚さ」の変化(動物実験)になります。

内膜が厚くなる事で

1)消化液分泌量が多くなる
2)栄養吸収率を増加させる
また
3)免疫系にもよい効果がある

事が言われています。

当サロンでは、整体、栄養を通じて、如何に卵巣へ「卵子が成長する資源を送り届けれるか」

それを考えて、皆さんと日々の「妊活」を進めています。
その上で、上皮細胞の補完は非常に有益と考えております。

最近の皆さんのコメントでは

・1日3回ほど便が出ていたのが、1回に減り硬さのある便が出るようになった
・下痢が続いていたがなくなった
・軟便が出なくなった

→過敏性の腸が安定し、煽動運動が起こり、栄養吸収された固形便が出ていると考えることもできます

効果には個人差もあり、一定の時間(おおよそ1ヶ月で上記コメントをお聞きしています)が必要と考えますが、今後も引き続き、

・吸収
・循環

を皆さんと、進めていきたいと考えております。

BLOG

オンライン妊活相談サービス「CHILWEL」
2022年9月26日
血糖コントロール
2022年9月23日
陽性反応のご報告
2022年9月21日
臨床分子栄養医学研究会
2022年9月12日
臨床分子栄養学研究会 認定カウンセラー
2022年9月10日