妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

東京にて

先週の24日に、東京 池袋にて「妊活を科学する」の講演会が行われ

ZOOM参加を含めて250名近くの方々へ向けてお話をさせて頂きました

今回は。主催者の日本妊活協会の立ち上がりから関わらせて頂いた中で

自分の科学的視点を踏まえて、協会が推奨している整体を

協会で妊活を受けられた72名の皆さんにご提供した際において

自律神経系への関係のデータを取った経緯をご紹介させて頂きました。

 

子宮と卵巣は交感神経を如何に抑制するかが、ひとつ大切な部分になります

 

「好中球」と、妊娠がうまく進まない皆さんとの関係がある事も言われています。

以前、日本妊活協会に来られている72名のクライアントさんに対して
1) 簡易的に交感神経を測ることができるモニター
2) 不安の程度を測ることができる評価アンケート
3) それらを内臓整体、前後に実施をした結果を比較してみました

その結果

 

気持ちが安定されていない状態こそ、

日本妊活協会の整体を受けることの有効性が示唆

されることになっています。

 

 

内臓整体の可能性に関して

考える機会を

250名以上の皆さん頂けたこと感謝しております。

 

 

BLOG

明けましておめでとうございます。
2023年1月1日
人工授精キャンセルから、自然妊娠へ
2022年12月8日
大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日