妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

ALTの変化

以前、肝臓の働きを現す指標としてALTがあることをお伝え致しました。

 

血液データと妊活

 

 

現在、週に2回整体を受けられ、水素ガスなども積極的に実施して頂いていた経過をお聞きすることができました。

当施設に令和2年10月10日に初めて来られました。

 

その来られる前の6月の数値が下記になります。

当時 ALTの数値 7

2ヶ月ほど、整体等を実施頂いて

数値が

13

約2倍に変化されています。

 

ALTは肝臓で使われている酵素になります。その酵素が少ない=肝臓の代謝が低いとも考えることができます。

 

肝臓はホルモンの原料であるコレステロールを生成したり

細胞の膜の素である「脂質」を吸収する為の胆汁を生成します。

 

妊活において、確かな歩みが確認できない中で

 

何を指標として、体質改善を図るのかを今後とも

皆さんと積み上げながら

適切なサポートへとつなげていきたいと考えております。

 

 

BLOG

明けましておめでとうございます。
2023年1月1日
人工授精キャンセルから、自然妊娠へ
2022年12月8日
大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日