妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

日本臨床エンブリオロジスト 学会webセミナー

一昨年前に東京で行われた

日本臨床エンブリオロジスト学会

https://embryology.jp/

にて受精卵の培養実習を行った経験があります。

 

同学会に関しては

福岡の古賀文敏先生よりご紹介頂き

その学会に参加したことから

今の方向性に繋がる時間になったと

改めて

振り返って考えます

 

今回、学会がwebセミナーを行う事を教示頂きましたので、参加させて頂きました。

 

大久保 毅先生 (新橋夢クリニック)

「IVFにおける未熟卵子の臨床応用と今後の展望」

https://embryology.jp/wp-content/themes/embryology/images/webseminar/20200923_2.pdf

 

皆さんの採卵の経緯をお聞きしていると

主席卵胞のみならず、小さな卵胞を採卵するケースをよくお聞きします。

その意図が今回、とてもよく理解できました。

 

また卵胞が反応する要因として、ホルモンだけでなく、卵子のレセプターの大切さも確認できました。

 

ホルモンの感受性という簡単な言葉では片付けられないですが

ルートを確保して、適切にホルモンを届けていく

この事は妊活でできる事ではないかと

改めて考えを強めています。

 

 

BLOG

ストレスと排卵
2024年6月13日
成功率10%への関わり
2024年6月10日
炎症とビタミンB6、そして酸素の関係
2024年6月6日
11月の学会に向けて
2024年5月29日
『プレコンセプションケア』と官民でできる事
2024年5月29日