妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

セルフ・マネージメント

昨日、熊本からお越し頂いていたKさんより
現在、5ヶ月の経過を進まれている事をご報告いただきました。

こちらに来られた当初は
体外受精を進めて

採卵6回
13個の受精卵を戻された後に
どうすればよいのかを
思い悩まれて
当院へ足を運んでいただきました。

当時の血液データ(整体後2ヶ月)から拝見すると
肝臓の数値が良くなり、ホルモン対応が向上されてありましたが

 

 

肝臓数値ALT(35→20)

身体の酸化を訂正できている目安 尿酸(3.5→4.0)

その分、タンパク質やミネラル(ALP,LDH)が低下するという傾向になられていた際に
栄養をより吸収しやすいご提案をさせていただく事で変化を後押しできる
体制をtotellで繰り返して頂きました。

熊本からお越しであった為に
1クールのみの整体を行われて

2回採卵後に良好胚を獲得されて、1回目の体外受精で無事妊娠され
現在5ヶ月を経過される事になっています

 

totellで大切にしたいのは
その場での即時的な結果ではなく

ご自身の身体を
ご自身の「今」に併せて
対応できる術を身につけて頂きたい

そんな想いがいつもあります
それは
ご出産後の子供さんとのやり取りにおいて
お母さんの体調が悪いままに入る事で、楽しい育児が苦しいものに
変化することを避けることでもあると考えています。

そのことへの対応されるチカラを是非、妊活の時期にコントロールできるようになられて

出産後に活用してほしい

と願いに近しいものが胸にあります。

 

妊活は、もうすでに
育児につながる活動と捉えることは

妊活の成否においても、有効と考えています

現在のkさんは、十分にご自身の身体をコントロールできられるのではと
メールのやり取りからも確認できて、嬉しかったです

本当に、どうか、よき産前産後をお過ごしになること、心より願っております。


(写真はtotellのパワースポットである巨石パークにお二人で登られた写真です!
お顔を見せれないのが残念ですが、本当に幸せそうです!)

BLOG

大阪大学 玉井先生のコラムより
2022年11月16日
初めての陽性反応
2022年11月9日
第67回生殖医学会:原始卵胞について
2022年11月6日
「第67回 日本生殖医学会・学術大会」へ参加
2022年11月5日
【過去最高のグレードの良い胚盤胞を獲得】
2022年10月28日