妊活コンディショニングサロンtotell(トテル)

totell 予約

「活性酸素」と卵の成熟

活性酸素=サビと卵の成熟に関しては沢山の報告がなされています。

2017年の生殖医学会にて報告された

活性酸素濃度が未成熟卵子にどの様に影響を与えるか?

その様な報告です。

1)あるクリニックの42名(=n)を対象とした研究

2)nの「卵胞液」を採取。

上記赤い袋の中にある液体が「卵胞」になります。

「卵丘」の中にある赤い円が「卵子」になります。

「卵胞腔」と言われている薄いピンクの中にあるのが「卵胞液」です。卵を取り囲んでいるものですね。

この卵胞液の酸化=サビの程度と卵の成熟を研究したのが下記になります。

3)nから採取した卵胞液の活性酸素濃度の

⑴ 高い群(H-ROS)

⑵ 低い群(L-ROS)

を用いて

⑶ 卵胞液 濃度0、10、50、100%

に設定。

4)その後の卵の成熟率をマウスを用いて

⑴ 卵丘細胞卵子複合体(COC)

⑵ 卵丘細胞除去卵子(DO)

において

成熟過程の卵子、及び、卵丘細胞の変化を観察解析。

5)結果

卵の「成熟率」について

 

卵丘細胞卵子複合体(COC) 卵丘細胞除去卵子(DO)
0%卵胞液   80.6% 71.4% 有意差なし
活性酸素濃度 高い 10%濃度 50% 85.4% 有意差あり
活性酸素濃度 高い 50% 21.2% 56.9% 有意差あり
活性酸素濃度 高い 100% 10.8% 20.8% 有意差あり
卵子の変性率 50%以上 有意差あり

【中田ら:活性酸素濃度が高い卵胞液がマウス未成熟卵子に与える影響.第62回日本生殖医学会.2017】

 


上記の結果から、活性酸素が高い卵胞液の場合は、培養時には「卵丘」を除去した方が、より成熟しやすい事が判ります。

 

加えて、活性酸素が高くなる程に成熟率が低下している事が判ります。

 

この事からも如何に、活性酸素濃度を低下させるかは、卵の成熟に関わっている事が考えられます。

 

BLOG

「整体」の考え方
2020年2月27日
肝臓血流のメカニズム
2020年2月25日
みかんの様に!
2020年2月22日
内臓整体の効果
2020年2月21日
肝臓の血流
2020年2月19日