理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

整体について

body adjustment

整体について

totellの「body adjustment」整体は「内臓治療」を行います。

卵巣にある原始卵胞へしっかりとした栄養を届ける為には、栄養を吸収する為の土台となる内臓のチカラが必要になってきます。

この事から、内臓の血流量を柔らかいタッチで促し、よりよい栄養吸収を促します。

 

 

そして、内臓を制御しているのは「自律神経」特に、「副交感神経」がその内臓の制御を担っています。

 

 

 

その副交感神経とシーソーの関係にあるのが「交感神経」

 

交感神経が高まると、内臓機能の低下がみられます。この「交感神経優位な状態」を整体によって変化させていきます。

 

 

 

 

 

その交感神経には下記のような報告があります。

「交感神経活動が高まった結果、筋紡錘の伸び感度の低下が起こる」

【伊藤文雄:筋感覚研究の展開:311,2000】

 

筋紡錘とは筋肉の伸び縮みを司るセンサーの様なものです。これが鈍くなる事=筋肉が硬くなります。

 

この事から、いかに筋肉を緩めれるかを大切にしています。

 

「totell」に来られた方の殆どが快眠されます。この時の筋感覚を繰り返す事で副交感神経のスイッチが入り栄養吸収が高まり、質のよい血液が卵巣へ届きます。