理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

妊活コンディショニングでお身体が変化していく事

先日、あるメールを頂きました。

唐津からお越し頂いているSさん。

今年の1月はFSHが40を越える数値で、生殖医療に臨むことが出来られなかった方です。

少しずつお身体を整える準備をされていかれました。

 

体外受精に臨まれる前にご自身で検査されて今回のご報告を頂きました。大きなステップを踏み出されたと思います。

この後、病院で検査を受けられた結果、陰性の判定を受けれられましたが、ただ、反応がでるお身体にはなられておられると考えています。

このような小さなステップを積み上げていかれる事が大切と思います。

 

今回、過程の中で整体後のヨガを組みこんで頂いた経緯があります。

 

ステージによって何を提供すべきかを判断していく大切さを実感しています。。

 

 

交感神経が高い場合は、整体のみの対応でよい方向にいかれる可能性があります。しかし、その次に行かなければいけないcaseにおいて

ファスティングやサプリ、また、股関節を繰り返し使うヨガなどが有効ではないかと考察しております。

 

それぞれに在るステージを見極めて、最大限を開いて頂ける様に支援して参りたいと思います。