理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

整体について

先日の大阪で(社)日本妊活協会の浅井先生の治療院にお伺いさせて頂きました。

その際に一言いわれた言葉が残っておりまして

「縮んだシャツにアイロンをかける様に施術を行う」

それが、今大きなヒントになって施術に生きてきています。

 

totell で、行っているのは柔らかい touchになります。

詳しくはこちらから 整体について①

 

その柔らかい touch をこの3年間続けてきました。平均して年間1000件ほどの施術をしてきております。

1回がおおよそ、1時間くらいですので3000時間ほどになります。

その3000時間は、自分の施術の感覚を磨いていく時間でもあったと思っております。

 

最近、「筋膜リリース」という言葉がありますが、筋膜による身体繋がりから起こる問題は確かにあると思います。

内臓が整ってくると、足部の位置が左右対称になることもあります。

特に、最近感じているのが、皆さん、右骨盤が外へ流れていかれている事をよく見受けします。また右の後頭骨が右下がりにもなっております。

よくよく見ていくと、右腹部〜肋骨周囲の重さが共通項としてみられます。

 

また、食欲の低下から腹部周囲の脆弱性もある感を強めています。

 

食欲は視床下部という脳の深いところが担っています。

特に、頸部が細い女性の方は、外気の影響を、頸部を通過する「血管」を通じて受けやすいのではと考えています。

特に、頸部は迷走神経などの自律神経がありますので、ここが空調などで冷えてくると少し体調が悪くなる場合がある事も考えられます。

その神経の過緊張があるかどうかをみるひとつ方法として

1)耳の下から首に伸びている胸鎖乳突筋という筋肉のラインに沿って

2)耳から3横指下

3)圧迫して痛みがある

この点を参照されて頂ければと思います。

 

対策として、空調の効いた場所でホットタオルをその部位に当ててみる事も良いです。

暑い時期ですが、血流量の亢進は結果、神経の安定にも関与して生きます

宜しければお試し下さい。

 

身体を繋げていく作業を、来て頂いている皆さんに行っていますが、よい感触で施術を行えております。

 

今後ともこのペースで暑い夏を乗り切っていただいて、着床やすい秋に向けて準備を整えて生きたいと思います。