理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

暑さとタンパク質

暑さが強まってきていますね。

この時期は、熱中症などになりやすいですが、実は水分を保持していくにはタンパク質がとても大切になります。

タンパク質は身体を生成していく上でもとても大切な成分です。

最近は、基礎体力をあげていく上で当施設で推奨しているプロテインをお勧めしています。

タンパク質の必要量は血液データではかる事ができます。

「アルブミン」という項目で4.5以上あるのが栄養学的には必要です。

 

タンパク質は実は、身体の組成を担うだけでなく、血液内の水分保持も担っています。

高齢者に熱中症が多いのも、このタンパク質が少ない事も起因しています。

水分保持できませんので、血管から水が漏れて、浮腫んだりする事があります。

 

暑さで食欲がなく、炭水化物のみのソーメンなどが多用すると、この悪いスパイラルになります。

もし、食欲がない場合は前述のプロテインなどをうまくご活用されても良いかと思います。

この暑い夏をうまく乗り越えていただいて、妊娠率の高い10、11月に向けての準備を皆さんと重ねて行きたいと思います。