理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

妊活支援セミナーを開催しました

昨日は「妊活支援セミナー&ストレッチ」を開催しました。

AMHが低いと病院で指摘を受けられ、今回のセミナーに参加された事をお話でお聞きしました。

AMHについてはこちらへ

AMH一覧

今回のセミナーのアンケートでも記載頂いていました

「理論的で、今まで知っていた知識が整理されて・・・」

 

この「理論的」という事がとても大切と考えています。

totellにお越しいただく皆さんは生殖医療を平均2.82回実施されてお越しになられます。

どれだけこの過程が続くのかと思われていた事をお聞きします。

また、生殖医療は大きな投資が必要になって参りますので、時間の経過とともにその負担も重くなります。

その過程を繰り返される中で気持ちの変化が出てこられるのは必然と考えられます。

 

通常「妊活」においては左から右への時系列があるはずです。ただ、こちらにお越しいただく皆さんに関しては

間にある「変化」を感じる事ができない感覚を強く持たれています

 

そうすると、妊娠の目的だったのが「なんで!」という想いへ変化されていかれている様な気がします。

ただ、ホルモンは情動(気持ち)と深く関わっています。この事から感情をうまくコントロールできない事によるホルモン出力への影響は少なくないと思います。また副腎からでるストレスホルモンのコルチゾールはカラダへの酸化を促進する事も示唆されています。

この事から、「情動」優位から「理性」優位へもって行く事がひとつの有効な妊活につながると考えています。

この「細やかな変化」を一緒に共有していく事

 

それは皆さんから頂いたアンケートからも感じる事ができます。

 

アンケート

 

これからも、ひとつの契機、きっかけと、一歩、一歩進まれる皆さんのサポートを努めて参りたいと思います。

 

今日は高校総体ですね

サポートに入っているチームは順調に勝ち上がっている様です。

 

皆さんよい日曜日をお過ごし下さい。