理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

『不妊治療とセラピィ』理学療法士の方々へ

福岡県の柳川市 「PEACH NO MORI 」(←詳細をこちらにて)にて「不妊治療とセラピィ」を理学療法士の皆さんへ行って参りました。

もと理学療法士をしていた中で、不妊治療に携わることを、同じ職業で行うことができなかった事も自身が開業をした一因でもありました。

今回、理学療法士の皆さんにお伝えする事をどうしたらよいかと考えた場合に、僕自身が開業時に感じていたことを来られる方は持たれているのではと考えました。

 

それならば、なるべく、自身が今持っている可能性のようなものをお伝えした方が、何かしら不妊治療で関心を持たれている皆さんにとって、次につながるのではないかと思いお伝えをさせて頂きました。

自身のスタンスはその方の現在を、「整体・栄養・運動」を通じて見極めて、そこにできる事を行っていくやり方です。

大切にしているのは、その方の今、そして、これからこうなっていくであろうという「仮説」をたてていく事です。

 

この「仮説」をたて続けることで、例えば何かを行ってうまくいかなかった場合においても、それがその方の現状を示す事になります。ここからまた「仮説」を組み立てていく事ができます。何かがうまくいかない時こそ、大切なヒントがそこには秘められています。

この事からも来られた方においては「妊娠できない」という設定がないことになると思っています。

このスパイラルから「結果」に繋がっていくとも考えていますし、結果数多くの皆さんから幸せなご報告を頂いています。

 

その点を様々な角度からお伝えさせて頂きました。

 

最後のアンケートを拝見させて頂いて、再講義の要望をたくさん頂いた事で何かしらの起点になるものをお渡しできたのではと思っています。

 

 

理学療法士の皆さんの持たれている資質の様なものは素晴らしいと個人的に思っています。

 

今回は知識、ボディワークを提供させて頂きましたが、「整体」が当施設の身体をお創りする大きなそして大切な因子と考えています。

 

この組み合わせをまたいつかお伝えできればと思います。

 

来て頂いた皆さん本当にありがとうございました。またいつかお会いできる日を楽しみにしております。