理学療法士の妊活サロン totell (トテル)

体外受精について

Reprouctive

体外受精について

日本産科婦人科学会の報告によれば、体外受精の成功率は2割の確率になっています。

残りの8割の方は成果が残っていないという現状があります。

前進の整体院から(2015年8月start)2年弱でのべ53名の方から「陽性反応」の報告を頂いております。

その内、高度生殖医療(ART)に関してはのべ36名となっております。

67%のシェアになります。

 

「多核胚になる」「卵は取れるけど妊娠しない」「着床しない」「採卵時のスケジュールが不安」

 

そのような案件を頂く事が数多くあり、その対応をひとつずつ積み重ねて、整体だけの枠組みに捉われずに様々な試みを繰り返させて頂く事で、よい結果がご提供できる様になって参りました。

 

そして、お身体を整えながら、採卵前の準備期、生理が来られてから2日目に診察され、ホルモン剤投与し、卵胞の大きさをエコーで確認しながら採卵を迎えられ、その後の移植に移行するまでの期間

何を実施されて

何をしないか

を細かく共有していく事を大切にしています。

 

「ひとりで生殖医療を歩んで頂かない様に」

細やかな提案をさせて頂きます。

 

「整体」

「栄養コントロール」

「エクササイズ」

 

そのバランスと「お気持ちのコントロール」をサポートしていきます。

 

1回のお時間は、カウンセリング・施術・エクササイズで1時間以上掛けて

お一人、お一人のお身体と気持ちを丁寧に「妊活」する状態に仕上げていきます。